松尾様 【まつおさま】

酒蔵で祀られているいわゆる“酒造りの神様”のこと。 人が奉る「松尾様」と称される神は女神とされており、古来より酒蔵が“女人禁制”とされてきたのは、蔵に女性が入ると「松尾様」がヤキモチを焼いて酒を腐らせてしまうという言い伝えによるとも一説では言われている。

「松尾様」は“日本酒醸造の祖神”として全国の酒造蔵より崇敬を受けている京都嵐山に鎮座する「松尾大社」の尊称で、平安期に大陸より持ち込んだ新しい醸造技術を以って現代の清酒醸造の基礎を確立した秦氏の氏神を、太秦「大酒神社」より摂社として奉祀したことにより、本来の御祭神である“大山咋神”(おおやまくいのかみ)と呼ばれる農耕信仰の守護神や、宗像三女神の一人である“市寸島比売命”(いちきしまひめのみこと)と呼ばれる航海の女神と混同して蔵人が信仰したことから「松尾様」なる“酒の女神”となったと思われる。

ちなみに「松尾大社」の他にも、全国の酒造家より“酒造の祖神”として幅広い信仰を受けている奈良の「三輪明神」がある。 酒蔵ではその年の酒造りに、“酒造の神”のご加護を願う風習として、杉の葉を束ね球状に造った“杉玉”(酒琳=さかばやし)を軒先に吊るす。


美山錦 【みやまにし】

長野県で開発された酒造好適米。


宮水 【みやみず】

兵庫県西宮の海岸から少し内側に入った場所の、深さ5~6mの浅井戸に湧く水。 鉄分が少なく、燐酸やカリウムが適度に含まれ、多少の塩分もある水であったが、 現在では水質が変わり使われていない。※もっとも、使われていた時代でもすべての醸造工程に使われていたのではない。 宮水は「モト」の仕込み水として使われたのが主である。


醪 【もろみ】

醪とは、酒母(モト)に麹と蒸米、そして水を加えたもの。醪造りは「仕込み」または「造り」と呼ばれるが、この醪のなかでお米が本格的にお酒に変わっていくわけで、日本酒造りの工程のなかの本番中の本番と言うことができる。


営業時間

月曜~土曜 9:00~18:00
(定休日:日 / 祝祭日)

ご注文は24時間、年中無休で承っております。
※定休日は発送作業およびお問い合わせメールへの返信をお休みさせて頂いております。

配送方法・送料について

商品のお届けは全て「ヤマト運輸」にて発送しております。運送会社のご指定はお受けできません。

また全国どこでも一律648円での配送です。送料無料の場合は掛かりません。また日本酒の品質を保持したままお届けすることが当店のコンセプトのため全商品クール便での配送をしております。クール便の料金は無料です。

お支払い方法

  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済(番号端末式)
  • 代金引換
  • 銀行振込
  • 電子マネー決済

上記5種類の中からお選び下さい。お支払い金額は表示金額(消費税)+送料(送料無料商品の場合は0円)になります。 ※代金引換をご希望の場合は、別途代引手数料が、銀行振込をご希望の場合は別途振込手数料がかかります。

消費税表記について

当店では2014年4月の消費税改訂に伴い、すべての価格表示を「内税」にて表記させて頂いております。商品詳細ページには税込み価格を合わせて表示させて頂いております。予めご了承の上、お買い物をお楽しみ下さいませ。

ギフト包装について

一部商品を除いて、ご購入頂きました商品を無料でラッピング対応させて頂きます。ご購入商品によってはラッピングの仕様が変わりますので詳しいラッピング情報につきましては詳細ページに記載しております。

≫ ギフトラッピングについて

日々更新中!幻のInstagram

≫ Instagram